ひまわり9号打ち上げ成功!

H-IIAロケット31号機による「ひまわり9号」の打上げ結果について

静止気象衛星「ひまわり9号」は、11月2日(水)15時20分00秒(日本標準時)に、種子島宇宙センターからH-ⅡAロケット31号機により予定通り打上げられました。 ロケットは計画通り飛行し、打上げから27分51秒後の15時47分51秒に「ひまわり9号」を正常に分離したことが確認されました。 今後、衛星は自力で静止軌道に向けて飛行を続け、約10日後に静止化する見込みです。

JAXAの打上げ応援サイトで、打上げから分離までを見守った。私が11年前にひまわり6号の打上げを見たときと同じように、打上げ後間もなく雲に入ってしまったのが残念だったが、雲はまばらだったので、その後のロケットもみえたかもしれない。順調な打上げを実現した関係者の皆様方には感謝申し上げたい。

ひまわり8号、9号の運用計画にあるように、これから2028年までの気象観測はこの2機が担うことになる。ということは、次期気象衛星の打上げは2020年代後半、つまり今から10年以上後。今後しばらく静止気象衛星の打上げは見られないことになる。

またひまわり9号が実際に観測を始めるのは2022年ごろの予定で、それまではひまわり8号の万が一のトラブルに備えて待機するだけなので、天気予報の画像も当面の間はひまわり8号の画像が続くことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり8号の性能の高さに興奮した1か月

ひまわり8号がデビューしてから1か月が経った。ひまわり8号の性能の高さに興奮しつつも、そのポテンシャルを引き出すにはもっともっと研究が必要だとも感じた1か月であった。

ひまわり8号の正式運用は、予告通り、7月7日11時から始まった。

20150707020000

静止気象衛星「ひまわり8号」の運用開始日について

デジタル台風でも事前に準備を始めてはいたものの、日々多忙な中では運用開始日までに準備を終えることができず、ドタバタしながら初日を迎えてしまった。

とりあえず初日にスタートできたのは、デジタル台風:第三世代気象衛星「ひまわり8号」画像/動画である。「フルディスク/全球」「日本域」「機動観測域」の3領域に関して、最新24時間の動画を提供するサービスを開始した。全16バンド中8バンドを対象とし、加えてバンド3,2,1を組み合わせたRGB画像(トゥルーカラー画像)も提供している。将来的には過去の画像を検索する機能を提供したいと考えてはいるが、それが可能となるのはもう少し先のことで、しばらくは最新画像と最新動画のみが見られる状況となる。

次に、デジタル台風の画像データベースについても、運用開始日からひまわり8号への切り替えを行った。ただしこちらは、ひまわり7号と同様の1時間間隔の画像だけが対象であり、ひまわり8号の高い性能を活用できる状態になっていない。こうした理由は、画像の更新はいつ - ご意見・お問い合わせ・ご質問にも簡単にまとめた。将来的には、ひまわり8号に全面的に移行したいと考えてはいるが、具体的な作業プランはまだ見えていない。

さて、この1か月の取り組みで最も大きな話題となったのが、機動観測域を用いた「台風高頻度観測」の動画である。機動観測域とは、南北、東西とも約1000kmの範囲を選んで、2.5分ごとに観測を繰り返す機能である。観測場所を機動的に変更しながら高頻度観測できるため、台風を追跡して観測する用途に適している。台風の高頻度観測については、可視(バンド1)、可視カラー(バンド3,2,1)、赤外(バンド13)の3種類の動画を提供している。また、これまでに作った動画は台風高頻度観測で一覧できるようにした。

この動画がとにかく素晴らしい。2分半間隔まで撮影頻度を上げることにより、台風の雲の変化が本当に詳細に追跡できるようになった。2015年台風13号(ソウデロア|SOUDELOR)にも書いたように、この動画を見ると台風の発生から消滅までの変化が詳細に理解できる。特に台風発生時に雲がモクモクと湧き上がるダイナミックな様子は必見である。少し長めの動画ではあるが、ぜひじっくり眺めていただきたい。

可視 [B01]
可視カラー [B03, B02, B01]
赤外 [B13]

ちなみに、この動画を公開したFacebookページは、デジタル台風公式Facebookページ史上、最も多数の「いいね!」を獲得した。それほど、この動画は、みんなの心を捉えたのである。

このように、デビューから1か月、時間を見つけながらひまわり8号データに取り組んできたが、これでひまわり8号のポテンシャルを引き出せているかというと、正直まだまだというのが実感である。

まず、可視カラー画像、あるいは他のバンドを組み合わせた疑似カラー画像などについては、まだ未知の部分が大きい。例えば、地球観測衛星「ランドサット」を対象に蓄積された多くの知見などが「ひまわり8号」にも活かせると思われるが、これは今後の課題である。水蒸気画像などからも面白い情報が引き出せそうであるが、まだ全く手をつけていない。

また、ひまわり8号の画像解析についても、雲の動きの分析などから新しい発見が得られると予想されるが、そうした研究もこれからの課題である。ひまわり8号は特に時間解像度が素晴らしく向上したため、その分析からは多くの新しい知見が生まれてくる予感がある。そうした研究成果に私自身も貢献できるよう、頑張っていきたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雲がヌルヌル動いていく「ひまわり8号」の素晴らしい映像

先日の「ひまわり8号」による初画像の公開では静止画しか公開されなかったひまわり8号であるが、ついに素晴らしい動画が公開された。

ひまわり8号のサンプル画像の公開について

ついに世界がひまわり8号の真価を目にする時が来たと言ってもよい。カラー化よりもなによりも、時間解像度が1ケタ上がることこそが、ひまわり8号の最大の価値だと私は考えるからである。

時間解像度が1ケタ上がるというのは、具体的には日本付近(あるいは指定した小領域)の観測頻度が、従来の30分間隔から2.5分間隔へと10倍以上に向上したことを指している。これによって初めて、我々は「雲がヌルヌル動いていく」動画を目にすることができるようになったのである。

私は一足先にこの感動を味わえたので、1か月ほど前のツイートにこう書いた。

つまりひまわり8号では、ある観測と次の観測の間での雲の動きが滑らかになったので、高度な補間をしなくても雲の動きが直感的に理解できるようになったのである。気象庁のページでは火山噴火の動画も面白いが、噴煙が風に流されつつ広がっていく様子は、小学生でもすぐに理解できるだろう。このインパクトは大きいと思う。

さて、ひまわり8号のデータをどうやってうまく活用していくか、それがこれから夏にかけての私の課題である。高頻度データをフル活用した見せ方をどうすればいいか、という楽しい課題がある一方で、この大量のデータをどう処理すればいいのか、という悩ましい課題もある。データを処理し提供する立場から見れば、ひまわり8号のデータに対処するには、ストレージや計算機についても従来より1ケタ上の能力が必要となる。それらをどうやって調達するのか、新世代気象衛星は新たな挑戦を突きつける存在でもあるのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ひまわり8号」による初画像の公開

次期静止気象衛星「ひまわり8号」の初画像が公開された。

ひまわり8号による初画像

上記ページには、平成26年12月18日午前11時40分(日本時間)に撮影された画像が公開されている。バンド1からバンド16と、16個の波長で観測された地球の姿が公開された。第一印象を述べてみたい。

まず、今回の一つの目玉である「可視3バンド合成カラー画像」である。静止気象衛星としては「世界初」のカラー画像だからである。

まず、何と言っても地球の縁が美しい。地球大気が徐々に薄まって宇宙空間に溶け込んでいくグラデーションが、青く鮮やかに見えるようになった。まさに「地球は青かった」を実感させる美しさである。この部分は従来の可視画像では明確には見えなかった部分で、歴代の「ひまわり」画像で初めて、大気の厚さを実感できる画像と言える。

地球の縁の鮮やかさに比べて、それ以外の部分は現行のひまわり6号・7号とそう大きく変わらないような感じを受ける。もちろん色の変化は滑らかであるが、見える雲の詳細さが劇的に変わったという感じはしない。ただしその理由は、現在公開されている画像では、デジタル台風で公開する8192x8192の画像と空間解像度が大差ないからである。ひまわり8号の可視画像はもっと解像度が高いはずで、真の実力はそれを見てから判断したいところである。

一方、陸上部分はくすんだ感じで、オーストラリアの赤茶けた大地が印象的ではあるものの、全体的にコントラストが低く見えづらい。各種メディアに掲載された画像の中には、コントラストを上げて鮮やかになった画像もあるので、RGBの割り当てを変えたり、チャネルごとにコントラストを変えたり、画像化の際の設定を変更すればある程度は解決するかもしれない。とはいえ、陸域観測用のランドサットなどに比べると鮮やかさに欠けた地球という印象は否めず、やや期待外れというところだろうか。

最後に赤外画像については、空間解像度が2倍に向上した点はインパクトが大きい。より鮮明に雲が見えるようになった。

さて、次のお楽しみは、2分30秒間隔、あるいは30秒間隔でコマ撮りした動画である。雲が発達していく様子を鮮明に捉えた動画は、今回の初画像以上のインパクトを与えるかもしれない。期待して待つことにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひまわり8号の静止化完了

ひまわり8号が所定の静止軌道に投入されたことが発表された。

「ひまわり8号」の静止化の完了について
ひまわり8号、静止軌道へ投入

これでいよいよ、ひまわり8号の登場が近づいてきた。今後は準備状況を追跡していきたい。

さて、静止化を機に、一つご紹介。

ひまわり8号のプライムコントラクターである三菱電機のテレビCM「わたしもユーザーです2 静止気象衛星ひまわり篇」に、デジタル台風のデータを提供した。

三菱電機 from ME:広告/宣伝

このCMは、ひまわりのデータがアジアやオセアニアの各国でも利用されていることを伝えるもので、日本の国際貢献という観点では、ひまわりは気象分野における大きな国際貢献を果たしていると言える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ひまわり」運用事業入札の評価結果を公表

昨日、気象庁が、「ひまわり」運用事業入札の評価結果を公表した。

民間事業者の選定における客観的な評価結果について

民間事業者がようやく最終決定したことを受けての公表だろう。評価結果の詳細は静止地球環境観測衛星の運用等事業についてから入手できる。議事録はけっこう長いが、入札に関わった2グループに対して、主に気象庁側でどのような議論があったかが記録されている。

自分も入札には関わった経験があるが、これだけ大きく、かつ前例のない案件では、仕様書の作成や提案書の評価は大変な作業だったのではないかと思う。その一端が議事録からも漏れ伝わってきた。

ちなみに事業場所については、副局が「北海道江別市」になっている。住所からみると、これは北海道情報大の敷地付近である。この北海道情報大とは学校法人電子開発学園が有する大学のひとつで、この学校法人は今回の運用事業に関わる宇宙技術開発(株)と同じグループに属する(参考)。となると、大学教育と運用事業が一体化したようなプランが何かあるのかもしれない。

なお、気象衛星ひまわり8号、9号の受信施設は関東と北海道に設置では、入札前の情報から設置場所は函館ではないかと考えていた。しかし実際には札幌近郊に設置ということである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひまわり」運用事業入札に関するスカパーJSATの苦情申し立ては却下

「ひまわり」運用事業入札に関する苦情処理は、ついに決着を迎えた。スカパーJSATの苦情申し立ては却下され、三菱UFJリースを中心とする3社連合の受注が決定した。

これまでの一連の流れは、以下のブログ記事にまとめている。

そして一昨日の7日に、この苦情申し立てに以下のような決定が下ったわけである。

スカパー、政府調達の苦情申し立て却下される

気象庁は入札説明書で企業連合のうちの1社が指名停止となった場合に連合全体が資格を失うと規定。スカパーは同規定は不当だと主張したが、苦情検討委員会は「政府や調達機関の判断にゆだねられている」と気象庁の判断を支持した。

スカパーJSATには気の毒な決定だとは思うが、気象庁は規定通りにプロセスを進めたということであるし、その規定が不当かどうかという争いとなれば、スカパーJSATにあまり勝ち目はなかったかもしれない。今さら入札結果をひっくり返して一からやり直すのも大変な労力なので、やむを得ない決定とも言えるだろう。

こうして7月8日に行われた「ひまわり」運用事業に関する入札は、それから2ヶ月を経た9月7日になってようやく決着を迎えた。今後は三菱UFJリースを中心とした3社連合により、日本初の衛星運用PFI事業がスタートすることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象庁平成23年度概算要求概要

気象庁の平成23年度概算要求。次期静止地球環境観測衛星に関しては、特筆すべき事項はあまりなさそうだが、

平成23年度概算要求概要

予算は75億→68億となるようだ。また「PFI方式による運用を実施」という項目は、例の苦情で揉めている件である。その後ニュースが入ってこないが、今は静かに審査中なのだろうか?

ちなみに気象衛星とは関係ないのだが、「天気図解析システムの更新・強化」の項目が目を引いた。

現在提供している天気図を加工しやすいベクトルデータで提供

これは欲しい!!

以前から天気図ベクトルデータがどこかにないものかと探していたのだが、今回の機器更新により、ようやく気象庁もベクトルデータを出せる体制になるようだ。まあタダになることはないかもしれないが、できるだけ格安の値段で広く出してくれないかなぁ。。どういうフォーマットなのかも気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひまわり」入札に関するスカパーJSATの苦情が政府調達苦情検討委員会に受理された

スカパーJSATが申し立てていた「ひまわり」入札に関する苦情であるが、本日それが受理されたことが明らかとなった(受理の決定は昨日らしい)。

「ひまわり」入札資格、スカパーの苦情を受理

内閣府の政府調達苦情検討委員会は28日、次期気象衛星「ひまわり」の運営の一般競争入札への参加資格取り消しを不服として、スカパーJSATが検討委に申し立てていた苦情を受理した。

ただし今回の受理は、一つ前の記事スカパーJSATが「ひまわり」入札で政府調達苦情検討委員会に苦情申し立てに述べたようにあくまで「苦情申立書を受理」したことを意味するだけであって、最終的な結論については何も言っていないことに注意してほしい。最終的な結論については、これから90日以内に公表される報告書の中で明らかとなる。しかし本件に関する契約の締結は、おそらく結論が出るまでは停止されることになるだろう。

先の記事にまとめた事例の中では実際に再入札が提案されたケースは1件しかないが、今回は入札参加資格取り消しに至った原因がスカパーJSATの「責任」というよりは「不運」という印象が強いため、委員会ではこれまでとは違う観点からの議論になる可能性もある。

「ひまわり」運用事業の入札は日本最初の衛星運用PFI案件として注目されていたが、まさか最初の案件からこんな大荒れの展開になるとは誰も想像していなかっただろう。しかもその原因を作ったのは、本件とは全く関係のない特許庁という組織と、大会社NTTデータの一部の部署。なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」を思い起こさせるような玉突き現象で、関係者は今ごろ「なんで特許庁システムなんかに振り回されなきゃいかんのか」とうらめしく思っているかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカパーJSATが「ひまわり」入札で政府調達苦情検討委員会に苦情申し立て

またまた時期を失した記事ではあるが、今から1週間前の7月16日、気象衛星ひまわり運用事業の入札に関して、スカパーJSATは政府調達苦情検討委員会に苦情を申し立てた。

スカパー、苦情申し立て=「ひまわり」入札取り消しで

スカパーJSATは16日、次期気象衛星「ひまわり」の運用業務の一般競争入札への参加資格を気象庁が取り消したことを不服として、内閣府の政府調達苦情検討委員会に苦情を申し立てた。同委は28日までに苦情を受理するかどうか決める。

記事に出てきたCHANS 内閣府 政府調達苦情処理対策室とは、「物品及び建設サービスを含むサービスの政府調達において具体的な苦情の受付・処理することを通じて、内外無差別の原則の下、政府調達制度の透明性、公正性及び競争性の一層の向上を図る」ことを目的とする制度のようである。上記サイトの文章を読む限りでは、制度ができたきっかけは外資系企業からの入札も「内外無差別」で受け入れる点にあるように思えるが、今回は国内企業同士の争いである。

さらに上記サイトの「苦情申立ての処理状況」というページには、これまでに申し立てられた苦情のリストが公表されている。そこで以下の表には、私がウェブページを読んで独自に情報をまとめた結果を示す。対策室自身がまとめた情報ではないので、私の読み誤りを含む可能性があることに留意されたい。

年度苦情申立人結果
平成8年日本モトローラ株式会社却下
平成12年モトローラ株式会社受理→入札は適法
平成13年株式会社浄美社却下
平成13年日本アイ・ビー・エム株式会社受理→入札結果は是認
平成14年ロッテ建設株式会社受理→最終的に排斥
平成17年オーバーシーズ・ベクテル・インコーポレーテツド受理→最終的に排斥
平成20年日本アイ・ビー・エム株式会社受理→入札再審査の提案
平成22年匿名却下

以上の結果を見ると、公表されている範囲では15年間で8件の苦情があり、平成20年の「日本アイ・ビー・エム株式会社」の件で、初めて入札再審査という意見が出たことがわかる。全体で1勝7敗というところだろうか。

今回スカパーJSATが苦情を申し立てた事情はよく理解できる。日本の衛星運用PFIに関する最初の案件であることを考慮すれば、本件は企業の将来に影響を与えるような重要案件とも言えるだろう。今回の入札では、確かにNTTデータと組んだことは悪かったと言えるかもしれないが、スカパーJSAT本体にはそれ以外の非がない以上、素人考えながら、果たしてこのような入札は公正と言えるのだろうかと疑問に感じる面はある。もちろん、気象庁も「粛々と」ルールを適用しただけだろうし、落札した三菱UFJリースグループに対しても他意があるわけではないのだが。。。

委員会が苦情を受理するかどうかが次の焦点となる。もし受理されれば、10日以内に契約締結停止の要請、90日以内に報告書および提案書の作成という手続きになっているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)