ひまわり9号打ち上げ成功!

H-IIAロケット31号機による「ひまわり9号」の打上げ結果について

静止気象衛星「ひまわり9号」は、11月2日(水)15時20分00秒(日本標準時)に、種子島宇宙センターからH-ⅡAロケット31号機により予定通り打上げられました。 ロケットは計画通り飛行し、打上げから27分51秒後の15時47分51秒に「ひまわり9号」を正常に分離したことが確認されました。 今後、衛星は自力で静止軌道に向けて飛行を続け、約10日後に静止化する見込みです。

JAXAの打上げ応援サイトで、打上げから分離までを見守った。私が11年前にひまわり6号の打上げを見たときと同じように、打上げ後間もなく雲に入ってしまったのが残念だったが、雲はまばらだったので、その後のロケットもみえたかもしれない。順調な打上げを実現した関係者の皆様方には感謝申し上げたい。

ひまわり8号、9号の運用計画にあるように、これから2028年までの気象観測はこの2機が担うことになる。ということは、次期気象衛星の打上げは2020年代後半、つまり今から10年以上後。今後しばらく静止気象衛星の打上げは見られないことになる。

またひまわり9号が実際に観測を始めるのは2022年ごろの予定で、それまではひまわり8号の万が一のトラブルに備えて待機するだけなので、天気予報の画像も当面の間はひまわり8号の画像が続くことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり8号打ち上げ成功!

ひまわり8号の打ち上げが無事に成功した。
関係者の皆様、おめでとうございます。

これからひまわり8号が静止軌道に入って、すべての機器が順調に動いてくれれば、いよいよ次世代ひまわりの高性能センサーが威力を発揮する時がやってくる。来年の夏が楽しみである。

とはいえ、打ち上げプロジェクトはすんなり進んできたわけではなく、いくつかの難関を乗り越えてきた。以下に、ひまわり8号に関する関連記事を集めたので、経緯に興味のある方はお読みいただきたい。

ひまわり8号・9号計画

もちろん技術的な困難はいくつもあっただろうが、外からも見えた大きな波乱は、以下の2つの点である。

第一が、お金の問題である。ひまわり8号はそもそも当初は予算措置が危ぶまれており、打ち上げができないんじゃないかという危機感があった。それを取り上げた人気記事がひまわり8号に迫る危機である。最終的には2機分の予算が確保できたのでよかったが、ひまわりほど「元が取れている」衛星は他にないので、10年先の次々世代ひまわり10号・11号の際には、ぜひスムーズな予算措置をお願いしたいところである。

第二が、PFIの問題である。今回のひまわりは、衛星の運用管理を民間に任せるというPFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)構想が一つの目玉となっていた(参考:内閣府 民間資金等活用事業推進室(PFI推進室)ホームページ)。そして今回のひまわりがこの分野では初のPFI案件だったことから、注目度は高く各社が受注競争にしのぎを削った。ところがこの受注競争は、意外な結末を迎えることとなる。それをまとめた記事が「ひまわり」運用事業入札に関するスカパーJSATの苦情申し立ては却下である。こうした紆余曲折を経て、今回のPFI事業は気象衛星ひまわり運用事業株式会社が担当することに決定した。

ひまわり8号と、2016年に打ち上げ予定のひまわり9号が、今後15年間の日本の気象衛星観測を担っていくことになる。災害が多発する日本だけでなく、ひまわりのデータはアジアやオセアニアなど多くの国々でも活用されている。次世代ひまわりに対する期待は大きく、ぜひ期待に応えてほしいものである。

なお、ひまわり8号の運用に伴って引退するひまわり6号も紆余曲折の多かった衛星である。そちらの経緯は歴代の静止気象衛星:ひまわり・ゴーズ・GMS・MTSAT・Himawariのページに簡単にまとめてある。またこのページには、ひまわり8号に関する内容もいくらか追加した。興味のある方は参照いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり8号は予定通り打ち上げの見通し

種子島には台風18号が接近しているところだが、気象衛星ひまわり8号の打ち上げ日は変更なく、当初予定通り10月7日午後(14:16~18:16)のようである。

sorae.jp

いよいよ来週に迫ってきたひまわり8号の打ち上げ。応援サイトがすでに立ち上がっている。

ひまわり8号/H-IIA25号機 打ち上げ応援サイト | ファン!ファン!JAXA!

この週末に島への移動を考えていた人々にとっては、台風による交通の混乱は災難であるが、打ち上げ当日は台風一過の晴天となってほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり8号の打ち上げ日が決定 - 2014年10月7日

ひまわり8号の打上げ予定日が、10月7日に決定した。
ひまわり8号の打上げ予定日の決定について

ひまわり8号は現在のひまわり6号、7号と比べ、多くの面ではるかに優れた性能を持っている。
新しい静止気象衛星-ひまわり8号・9号 - 気象庁

デジタル台風なども、ひまわり8号に対応してより強力な(?)サイトになる予定だが、具体的にどう対応するかはまだあまり決めていない。
デジタル台風

ひまわり8号は、ひまわり9号とペアになって、今後15年間の観測を担っていくことになる。逆に言えば、今回のひまわり8号と次の9号の打ち上げを見逃せば、その後は約15年の間、ひまわりの打ち上げを見られないことになる。もちろん、H-ⅡAロケットによる打ち上げならもっと見る機会は多いのだが、「いや、ひまわりの打ち上げを見たいんだ」というこだわりがある人にとっては、これは見逃せない機会となる。

私も実はその一人で、このブログ自体が、そもそもひまわり6号の打ち上げ見学旅行から始まったものである。
打ち上げ画像(動画)

あれからもう9年半も経ったのかと思うと、時間が過ぎるのは早いなぁとつくづく感じる。そんな感傷的な気分にもなったので、3年ぶりにこのブログに記事を書いてみた。

これから打ち上げに向けて、随時情報を更新していきたい。というか、久しぶりに打上げを見に行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)