« 「ひまわり8号」による初画像の公開 | トップページ | ひまわり8号の性能の高さに興奮した1か月 »

雲がヌルヌル動いていく「ひまわり8号」の素晴らしい映像

先日の「ひまわり8号」による初画像の公開では静止画しか公開されなかったひまわり8号であるが、ついに素晴らしい動画が公開された。

ひまわり8号のサンプル画像の公開について

ついに世界がひまわり8号の真価を目にする時が来たと言ってもよい。カラー化よりもなによりも、時間解像度が1ケタ上がることこそが、ひまわり8号の最大の価値だと私は考えるからである。

時間解像度が1ケタ上がるというのは、具体的には日本付近(あるいは指定した小領域)の観測頻度が、従来の30分間隔から2.5分間隔へと10倍以上に向上したことを指している。これによって初めて、我々は「雲がヌルヌル動いていく」動画を目にすることができるようになったのである。

私は一足先にこの感動を味わえたので、1か月ほど前のツイートにこう書いた。

つまりひまわり8号では、ある観測と次の観測の間での雲の動きが滑らかになったので、高度な補間をしなくても雲の動きが直感的に理解できるようになったのである。気象庁のページでは火山噴火の動画も面白いが、噴煙が風に流されつつ広がっていく様子は、小学生でもすぐに理解できるだろう。このインパクトは大きいと思う。

さて、ひまわり8号のデータをどうやってうまく活用していくか、それがこれから夏にかけての私の課題である。高頻度データをフル活用した見せ方をどうすればいいか、という楽しい課題がある一方で、この大量のデータをどう処理すればいいのか、という悩ましい課題もある。データを処理し提供する立場から見れば、ひまわり8号のデータに対処するには、ストレージや計算機についても従来より1ケタ上の能力が必要となる。それらをどうやって調達するのか、新世代気象衛星は新たな挑戦を突きつける存在でもあるのだ。

|

« 「ひまわり8号」による初画像の公開 | トップページ | ひまわり8号の性能の高さに興奮した1か月 »

コメント

台風6号が猛烈な勢力になって沖縄に接近していますね。

大雨が予想されているので、台風が過ぎるまで予定を変えて、ひまわり8号で日本付近及び台風周辺の2.5分ごとの撮影を行ってほしいですね。

投稿: もくせい | 2015年5月10日 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87240/61453913

この記事へのトラックバック一覧です: 雲がヌルヌル動いていく「ひまわり8号」の素晴らしい映像:

« 「ひまわり8号」による初画像の公開 | トップページ | ひまわり8号の性能の高さに興奮した1か月 »