« 2009年9月7日 | トップページ | 2009年11月16日 »

ひまわり6号が無事に復活

ひまわり6号のトラブルはソフトウェア障害?の続報。ひまわり6号は無事に復活したようだ。

運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)の異常について(第3報)

  1. 11月11日21時26分に発生しました「運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)」の電波の送受信ができない状況については、姿勢安定装置(※1)の異常により、同衛星の姿勢が不安定となったため生じたものと判明いたしました。
  2. 姿勢を安定させるための所定の作業を行い、11月12日02時17分に姿勢が安定いたしました。

気象庁の発表はシンプルだが、メディアのニュースでは今回のトラブルをもう少し詳しく紹介している。例えば時事通信ひまわり6号の運用再開=姿勢制御装置が一時異常には以下のような説明がある。

航空局によると、通常は3個中2個を動かしている回転式の姿勢制御装置のうち、1個が停止したのが姿勢異常の原因。地上からの通信で再起動し、12日午前2時17分に正常な姿勢に戻った。この装置のトラブルは6号では初めてという。

この装置のトラブルは初めてとのことだが、12日の未明に早くも復活していたところを見ると、今回は想定の範囲内のトラブルだったということだろう。これで再び、ひまわりは予備機を含めた2機体制に戻った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひまわり6号のトラブルはソフトウェア障害?

ひまわり6号に重大トラブル発生?の続報。ひまわり6号のトラブルに関するやや詳細な情報がマスメディアからも出てきているが、トラブルの原因はソフトウェア障害のようである。

ひまわり6号に異常発生=予備の7号に切り替え-気象庁によると、ひまわり6号は姿勢に異常が生じて、主アンテナによる電波送受信ができなくなったとのこと。また姿勢制御用のコンピュータには2006年4月にも同様のトラブルがあったとのことで、これはひまわり6号にトラブル発生の記事で触れたトラブルを指している。この時のトラブルは約20時間で復旧した。今回も復旧できると国土交通省航空局は見ているようである。

その他の記事も総合すると、どうやら姿勢制御用ソフトウェアの障害によって衛星の姿勢が制御できなくなり、これが原因で観測がストップしてしまったということのようだ。

ひまわり6号が復活したらどうなるのかについては記事では触れられていないが、トラブルがそれほど深刻なものでなければ再度ひまわり6号に戻して、来年夏の切り替えを待つのではないかと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり6号に重大トラブル発生?

むむ、これはもしかすると、重大なトラブルなのだろうか?

運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)の異常について

  1. 「運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)」は、本日21時26分より、通常使用される電波の送受信ができない状態が続いております。
  2. 緊急用のチャンネル(USB)では電波は捕捉できていることから、何らかの原因により、衛星の異常が発生したと考えられます。
  3. 予め定められた手順に従い復旧に努めているところ。

状況がよくわからないが、ひまわり7号へのバトンタッチが早まる可能性が出てきたかもしれない。「ひまわり6号」から「ひまわり7号」への切り替えに書いたように、もともと来年の夏にひまわり7号にバトンタッチすることは決まっていた。しかしバトンタッチが大幅に早まってしまうとすれば、それは誤算といえるだろう。しかも、このままひまわり6号が復活しなければ、ひまわり6号を予備機として待機させるという方針も変更を迫られてしまう。

なお、ひまわり7号への切り替えについては、以下のように発表されている。

現在、「運輸多目的衛星新2号機(ひまわり7号)」による緊急バックアップ観測の準備を行っており、11月12日 午前1時頃観測開始見込み。

引き続き続報に注目していきたい。

(追記)デジタル台風に11月12日0時(JST)観測の画像が届いたが、気象衛星の経度は145度となっている。「ひまわり6号」の経度は140度なので、すでに「ひまわり7号」に切り替わっているようである。気象庁も運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)の異常について(第2報)で、ひまわり7号への切り替えが完了したことを報告している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月7日 | トップページ | 2009年11月16日 »