« よくやったぞ、MTSAT-2打ち上げ | トップページ | ひまわり6号にトラブル発生 »

「ひまわり7号」誕生

昨夜MTSAT-2が無事に静止軌道に投入され、愛称が「ひまわり7号」に決定した。

運輸多目的衛星新2号(MTSAT-2)の静止化完了及び愛称について

前回のひまわり6号(MTSAT-1R)の時は、お蔵入りしていた「みらい」なんていう名前も飛び出してきたりして、愛称をどうする?という問題が世間の話題にもなったが、今回は愛称は「ひまわり」だろうと誰もが予想していたので、なんとも落ち着いた命名日となった。

さて、運輸多目的衛星(MTSAT: Multi-functional Transport Satellite)という名前のとおり、この衛星は「多目的」な衛星である。具体的には、四半世紀を超える静止気象衛星観測でおなじみの気象観測機能(気象庁)と、次世代航空保安システムの中核となる航空管制機能(国土交通省航空局)の二つの機能を備えている。

このうち航空管制機能については、現在運用中のひまわり6号の調子がやや悪いようなので、ひまわり7号が早めに機能を引き継ぐことになるかもしれない。一方の気象観測機能については、今までにちょっとしたトラブルはあったが、おおむね順調に観測を続けている。

運輸多目的衛星の気象ミッションによると、ひまわり6号の運用は2005年から2010年(5年間)、ひまわり7号の運用は2010年から2014年以降、その期間はお互いにバックアップとしての役割を果たすことになっており、今後10年あまりの気象衛星観測はこのひまわり2機が担うことになる。

そしてひまわり2機が無事に巣立ったいま、当ブログも徐々にネタ切れとなっていきそうだ。。。(笑)

|

« よくやったぞ、MTSAT-2打ち上げ | トップページ | ひまわり6号にトラブル発生 »

コメント

米国とは万が一に備えて、お互いの予備の気象衛星をバックアップしようという取り決めをしたと聞きました。航空管制に2機とも使用するので、もう一台衛星(ひまわり8号)を打ち上げる必要があると思います。これはいつごろになるのでしょうか?

投稿: もくせい | 2006年2月24日 22時47分

次の気象衛星打上げは5~6年後というのが目安になりそうですね。センサーの稼動部によって寿命が決まるらしく、使わなければ磨耗しないとの事。「ひまわり6号」をまず5年、そしてその後の5年「ひまわり7号」を使用する計画のようです。航空管制の方の昨年末のトラブルも解決しているようです。「宇宙作家クラブ」のニュース掲示板の「№976」が参考になると思います。

投稿: h2a_f8 | 2006年2月25日 02時17分

米国では現在、ゴーズ12号(GOES-East)が東海岸、ゴーズ10号(GOES-West)が西海岸を観測し、ゴーズ11号が予備機として待機しています。ですので、日米が予備機を1機ずつ持っていることになり、よほどトラブルが連続しない限りは、お互いに気象衛星を融通する必要は生じないのではないかと思います。

また航空管制のトラブルが解決しているとの件は確認しておりませんでした。情報をありがとうございます。

投稿: 管理人 | 2006年3月 1日 20時25分

では、しばらくひまわり8号(勝手に命名していますが)の打ち上げはないということですね。
当たり前の質問ですが、カメラ(イメージャー)を2台積み込むことはできないのでしょうか?
GOESは、2台積んでいるようにも見えるのですが・・・

投稿: もくせい | 2006年3月18日 23時38分

GOESは、カメラ(イメージャーのことだと思いますが)を2台とありますが、見た目は2台ありますが、中身がまるで異なります。現在のMTSATで撮影しているのは、イメージャーと呼ばれおり、GOESシリーズにも登載されています。一般的に衛星画像といわれるものは、イメージャーによるものです。一部の衛星とGMSでいうVISSRと言えば判るかもしれません。
ただ、見かけ上2台ある2台目は何かというと、サウンダーと呼ばれるもので、25種類の観測を行うものです。正確さを欠きますが、極軌道衛星NOAAに搭載されているサウンダーと似ています。
観測出来る範囲が狭く、観測するのに時間を要するため(仮に全球観測を行うものなら、ゆうに2時間要します)、かなり限られた地域でのみ使用されているのが実態です。
なお、イメージャーを2台搭載するスペースは、現行のMTSATシリーズにはありません。航空ミッションを飛ばせばできるとは思いますが。
また他国の円筒型衛星の場合は、イメージャーを2台積むスペースが機構上の理由(原理的には可能だが、スキャンシステム自体は供用することになる)からできません。

投稿: rjtd | 2006年4月17日 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87240/8817156

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひまわり7号」誕生:

» 誕生「ひまわり7号」 [H-2A ロケット打ち上げレポート]
気象庁 | 平成18年報道発表資料 お伝えしていた通り2月18日にH-2Aロケット9号機で打ち上げられた運輸多目的衛星・新2号「MTSAT-2」の静止化の作業が続けられていましたが、日本時間23日午後11時35分に無事に静止化が完了した模様です。そして「ひまわり7号」と命名され....... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 02時08分

« よくやったぞ、MTSAT-2打ち上げ | トップページ | ひまわり6号にトラブル発生 »