« ひまわり6号は6月28日から | トップページ | ありがとう!ゴーズ »

ひまわり6号、本日からスタート!

2005062803

日本時間12時、いよいよ「ひまわり6号」が正式運用を開始!

ん、でもシステムトラブルからか、なかなか画像が配信されてこないぞ、、、 ようやく14時20分ごろ、サーバに新しい「ひまわり6号」のデータがアップロードされてきた。

準備しておいたプログラムをさっそく走らせてみる。いくつかのトラブルはあったが大した問題ではなく、1時間ほどで最初の「ひまわり6号」の画像が完成。順次ウェブサーバにアップロードしていく。それがコチラのページ。特に水蒸気画像(IR3)は、画像の階調が大幅に増えて非常に滑らかになった。渦を巻く地球大気の姿がより細かく見える。

その後もシステムは快調に動き続け、思ったよりもスムーズに移行が進みそうな雰囲気である。「ひまわり6号」のデータフォーマットは、「ひまわり5号」以前のデータフォーマットよりもだいぶ整理され、見通しのよいものになっていた。まだいろんなところにバグは残っているが、とりあえずは見ないことにしておこう。。


ところで、本当に、ほんとうに残念なことながら、実は「ひまわり6号」の美しい可視画像をまだ眺めることができない。システムとしては可視画像に対応しているのだが、気象庁および気象業務支援センターが、そもそも可視画像を配信していないのだ! 

事情(の一部)については、やはりコチラのページにまとめた。気象庁の内部事情はなかなか外から見えないのだが、「インターネット配信?? 衛星配信があるんだからそれで十分でしょ」と考えているのかもしれない。しかしインターネット環境は、数年前よりも格段に改善している。よほどの防災重要拠点や大手の気象専門会社を除けば、アンテナ設置よりもインターネット接続こそが安価で高速なデータ配信手段であり、データの利用を広めるための最も有効な手段であることは明らか。それなのになぜ、インターネット配信を軽視するような決定を下すのだろうか? ここで改めて、インターネットを含めた多様な配信方法を考え直してほしい。 

|

« ひまわり6号は6月28日から | トップページ | ありがとう!ゴーズ »

コメント

衛星画像のフォーマットをHRIT形式にするためです。
現行のS-VISSRデータ自体は容量が大きく、インターネットの環境であったとしても、負荷が大きすぎるのがその理由です。
もう一つは、MTSAT-2への対応が始まっていることも事実で、MTSAT-2に変わった時点で、S-VISSRフォーマットの廃止は予告済みです。容量は現行フォーマットの半分以下ですが。

投稿: jboa | 2005年9月19日 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87240/4747534

この記事へのトラックバック一覧です: ひまわり6号、本日からスタート!:

» ひまわり6号正式運用開始 [H-2A 8号機打ち上げレポート]
今年2月26日、種子島宇宙センターからH-2Aロケット7号機で打ち上げられた 運輸多目的衛星「MTSAT-1R」は軌道投入後に「ひまわり6号」となりました。 そのひまわり6号が、本日正午から正式運用開始となります。 日本の気象衛星観測は、ここ数年窮地に追い込まれてい... [続きを読む]

受信: 2005年6月29日 01時23分

« ひまわり6号は6月28日から | トップページ | ありがとう!ゴーズ »