トップページ | 鹿児島に到着 »

旅立ち

静止気象衛星とは仕事の上で長年つきあってきたこともあり、今回のMTSAT衛星打ち上げは、心配でいてもたってもいられない気分である。そこで、今夜、種子島に旅立つことにした。

まだ現地の交通機関は決まっていない。宿も決まっていない。でも行ってみればなんとかなるだろう。この重大な打ち上げをこの目で確かめたい。

今回の気象衛星打ち上げが成功すれば、従来の気象衛星よりも優れたデータを得ることができるようになる。これは前回の衛星打ち上げ失敗から5年間以上待ち続けてきたものだ。その長く奇妙な経緯については、すでにひまわりとゴーズの記事に書いたとおりである。

そして、もし失敗してしまうとどうなるのか?この場合、日本の気象衛星観測は大ピンチを迎える。すでに予備機のMTSAT-2は後ろに控えているものの、失敗原因の追究にしばらく時間がかかる以上、すぐに連続して打ち上げることは難しいだろう。今のオンボロ(?)ゴーズ気象衛星が壊れてしまうと、もはや1時間ごとの雲画像は見られなくなり、天気予報に重大な影響が出るのは避けられないだろう。

本当にチェックは大丈夫だろうか? 心配の種はつきない。が、一番ドキドキしているのは、まさにロケット打ち上げのために働いている人たちだろう。

さて明日は無事に上がってくれるのか? そして私は打ち上げを見られるのだろうか?こればかりは行ってみないとわからない。

もし延期もせずトラブルもなく実際に見られれば、ぜひモブログその他の手段を使って、現地から中継してみたい。

成功を祈る。

|

トップページ | 鹿児島に到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87240/3074398

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ち:

トップページ | 鹿児島に到着 »